文鳥を初めて飼う話

5.鳥かごを選ぶときのポイント

私が鳥かごを選ぶときに考えた判断材料のようなものを書いていきます。

アンティークな形の鳥かごに憧れるけど…

  • 四角い鳥かごのほうが多羽飼いするときに並べやすい
  • 丸い鳥かごは付属品以外のエサ入れの取り付けに困る場合がある
  • 丸い鳥かごは中の鳥が落ち着かない
  • 四角いと物をちょい置き出来る
以上の理由でお勧めは四角い鳥かごです。

多羽飼いするときに並べやすい

私はまだ1羽飼いなのですが、実際に部屋に鳥かごを置いてみて、やはり丸いとスペースの無駄が生まれるだろうなというのは想像できました。

そもそも私のお部屋が四角で大抵の家具も安ぽい四角四面のもので、そんな中、鳥かごだけやたら麗しいアンティークな形をしていても浮いてしまいそうで…(悲)

お部屋のインテリアのセンスも欲しいものです…

丸い鳥かごは付属品以外のグッズの取り付けに困る

上の漫画で紹介したように、かごの壁面のカーブにエサ入れの直線部分が合わないだけでなく、ブランコのような吊り下げるタイプのおもちゃを設置することが難しい場合があります。

飼い主さんの工夫次第でしょうが、鳥飼育グッズをあれこれDIYするのが苦手な場合は無難に四角い鳥かごを選んだ方がよさそうです。

丸い鳥かごは中の鳥が落ち着かない

中に住む小鳥も四角いほうが快適に過ごせるかも?という意見ですが、普通に丸型の鳥かごで飼っていらっしゃる方もいるので、鳥も人も慣れが第一だと思います。

しかし、うちの子の場合すみっこが一番落ち着くようで、まったりしているときはたいてい定位置の、かごのコーナー部分にいます。この姿を見ると、例え今の鳥かごが壊れて新しいのを選ぶときも丸いのはないなと思います。

四角いと上にものをちょい置きできる

これはズボラさん用のメリットですね 笑

物をちょい置きするだけでなく、私は夜に寝かせる時用の鳥かごカバーを自作したので、布を四角に切って直線で縫うだけのカバー作りは楽でした。丸い鳥かご用の場合は形に添うように作る場合はちょっと難しそうですね。

.

comment