文鳥を初めて飼う話

13.温度センサーの設置場所を考える

ひよこ電球ってどのくらい熱くなるの?

ひよこ電球の温度問題については色々と調べたので載せておきます。

W数ガラス球温度
20W150℃
40W160℃
60W180℃
100W220℃

※ガラス球や金属カバーの場所、置き方、室温などでばらつきが出るので絶対同じ温度になるというわけではないのですが参考に。
※個人ブログさんなどでもっと高い温度が出たという記事も見ます。

発熱中の電球表面温度は40Wで160度とものすごく熱くなるのでやけど防止には金属カバーは必須です。

このカバーをわざわざ外して使う方はいないでしょうが

掃除のために発熱中の保温電球の電源を切った直後では、金属カバーはアッチッチと言いながらも余裕で触れますが(60度くらい?)、カバーを外して中の電球に直接触ろうとはとても思えません。触れなくても160度のヤバげな熱気を感じます。

これは保温電球に限らず、家の中の照明を掃除するときなんかで意外と電灯は発熱していると知っている人も多いでしょう。

そういや最近LEDに代えてからはあまり掃除してないな…

保温電球はできるだけ縦置きで使おう

金属カバーを縦置きにするか横置きにするかでもカバー表面温度は変わるのですが、基本的には縦置きで使用するように作られているため、横置きにすると電球からの熱が上部になった側面に集中するため、金属カバー表面でもものすごく熱くなります。できるだけ縦置きの状態で使用した方が良いみたいです。

 

.

comment