文鳥を初めて飼う話

14.体重計(キッチンスケール)の必要性

できれば毎日体重を測ってあげる

私は朝起こしたときと夜寝かせる前の文鳥の体重を毎日測って記録しています。

ヒナの挿し餌の時も餌をあげる前とあげた後で記録していました。

小鳥は体に脂肪をため込みにくく、食べなくなるとすぐに容体が悪くなってしまうのだそうです。体重測定は素人でも簡単にできる健康チェックなので、毎日してあげたほうが望ましいとありました。

でも見慣れないキッチンスケールになかなか乗ってくれないなどの問題もあるのでできればヒナの頃から習慣づけをして慣れさせておいた方が良いそうです。

うちの子はヒナの頃から慣れさせていたので毎朝毎晩キッチンスケールのところに連れて行くとスタッと乗ってくれます。良い子です。

夜あれに乗るとすぐにねんねさせられるな…乗るのやめようかな…

……!

どんな体重計が良いのか?

  • 0.1グラム単位で測れる
  • 鳥が乗る上皿が小さすぎないもの

要するにごく普通のキッチンスケールで十分です。私のように0.01グラム単位でより細かく測れる化学用スケーラーを買うと失敗します 笑

上皿に乗るのを怖がる場合は、T字型の止まり木を置いて上に乗ってもらったり、エサを撒いて誘導したりすることになるので、あまり小さいものは良くないと思います。

 

 

.

comment