文鳥を初めて飼う話

26.ヒナの挿餌に初めて挑戦!ヒナの餌やりの頻度はどのくらい?

ハイフラグ回収キタ!

押しに弱いというか…なし崩しかよ!?と突っ込まれそうですが

「今日は」見に来ただけといっても近々飼う気だけは満々でしたので、あとは一押しというところにぐいぐいっと来られると落ちますね。

ヒナの挿餌の頻度について

文鳥のヒナの挿し餌は週齢が幼いほど頻繁にあげなくてはなりません。

ヒナの週齢1日の挿し餌の回数備考
0~1週齢1時間おきに少量ずつあげる本来は親鳥が育てる時期。
クチバシがスポイトの先も入るか入らないくらい小さいので
人の手では無事に育つことが難しい。
2週齢パウダーフードの挿し餌を1日6~7回まだ羽が生えそろっていないので
挿し餌時の室温に気を付ける。
3週齢あわ玉の挿し餌を一日4~5回ほどこのあたりから店頭に並ぶことが多い。
お店での飼育方法を店員さんに聞いておくのがベター。
4週齢あわ玉の挿し餌を1日2~3回ほど一人餌の練習を始める時期。
飛翔の練習も初めて飛び始める子もいる。
5週齢あわ玉の挿し餌を1日2~3回ほど一人餌になる子もいる時期。
一人で食べ始めたからと言って安心せず、
極端に体重が減っていないか確認し、
挿し餌は欲しがるならあげる。

※夜は野生の親鳥も普通に寝ているのでペットショップで買う週齢の子であれば人間が深夜に起きて挿し餌をあげる必要はない。

このお店にいた子は3~4週齢のヒナたちでしたが、お店の方針で挿し餌は1日2回だそうです。それでもしっかり食べていれば1日2回でも大丈夫だと言っていました。

普通のお店は挿餌させてくれるの?

この日この時間はお客さんが少なかったためか、店員さんがわざわざ餌を持ってきてくれたりと本当にラッキー(?)でした。ペットショップじゃなくて昔ながらの鳥屋さんだからこそできることだったのでしょうか。

なんというフレンドリー 笑

もみちゃんを買ってからも、買う気もないのにいろいろとペットショップを回って鳥を眺めていましたが、お客に挿し餌させてくれたのはこのお店だけです。といっても、買う気ないまま「かわいいなぁ~」と見ていただけなので店員さんとも話さず、それは当然でしょう。

というわけで、多分普通のお店は客に挿し餌なんてさせてくれませんが、買う気があるなら、挿し餌をやったことが無くて不安だ、という点を伝えてみると良いかもしれません。もしかしたら私が行ったこのお店みたいに店員さんがレクチャーをしてくれる可能性があります。

 

.

comment