文鳥を初めて飼う話

27.ヒナを買う決断…桜文鳥のヒナの色柄

直前までグダグダ悩むタイプなのでえいやー!と決めてしまって良かったです。

ここで買っちゃえ!という気持ちになっていなかったら今のもみちゃんとの生活は無かったのですから。

そうだそうだ!

にしても、たくさんいるヒナを識別するためにダイレクトにペンで印をつけるのは……ダイタンですね……

でもわざわざ足輪をつけたり、別の箱に入れておくというのもヒナの健康に良くなさそうですし、これが理にかなっているのでしょう。

ヒナを選ぶときのポイント

ヒナの時の模様と大人の時の模様

私のように桜文鳥の中でも並文鳥のように白いさし毛(パイド)が少ない子が欲しい場合は

  • クチバシに黄色や白がまじっていないか
  • ヒナ毛に白くまだらな部分はないか

を確認した方が良いです。

大人になったときとヒナの時ではパイドの出方も変わるようですが、逆にダルメシアンのようなごま塩ちゃんが欲しい場合はヒナでもパイドが多い子を選ぶと良いです。

うちの子はクチバシも真っ黒でヒナ毛もまだらなところが無い子を選んだのでほとんどパイドは出なかったのですが、それでも頭の黒いところに少しだけ出ています。

右側から見ると丁度白い眉毛のようでカワイイですが、左側にはないのでちょっと残念です。

片眉文鳥だぜ

出来れば健康なヒナを選びたい

文鳥のヒナの選ぶときは、色柄だけでなくその個体が健康で元気であるかも気になるところです。買ってすぐに具合を悪くしちゃうと悲しいですからね。

ヒナを選ぶポイントとして

  • 頭が大きい
  • 足がしっかりしている
  • 眼がパッチリしている

とかよく書いてありますが、週齢が違う子が混じっているとどれがどれやら分からりづらくなります。ですからまず、

  1. 羽の生え具合から週齢を予測してみる
  2. 同じ週齢の子たちの中で頭が大きい子・足がしっかりしている子を選ぶ
  3. 眼が大きくパッチリしていて元気そうな子を選ぶ

の順でチェックしてみると良いでしょう。

①の羽の生え具合は以下のページの表を参考にしてみたください。また、週齢ごとのわかりやすい写真を載せている方もいるのでネットで写真を探して比較してみた方が良いかもしれません。

404 NOT FOUND | 文ちょこっと
我が家の文鳥マンガちょこっと見てってね

③で目がパッチリしていなくても単に眠いからかもしれませんし、分かりにくい基準ですが、ご飯の直後でみんな眠いときならいざ知らず、人間を見てほかのヒナが元気に餌をねだっているのに一羽だけうつらうつらしている子なんかはちょっと元気がない可能性があります。

私が選んだ子はほかの子より一回り小さい子なので頭も小さい子でしたが、それは週齢が1週ほど違うせいですし、挿し餌も大きい子に負けじとしっかり食べて元気そうでした。

結局はフィーリングで!

たとえ弱そうな子でもいい、ビビビっときたならそれはもう運命です。

私は羽の模様でだいぶ四角四面に選んでしまいましたが、この子がいい!と思える子がいたなら、そしてその子を大事に育てる!という覚悟が出来たならどの子でも良いと思います。

 

.

comment